大阪・京都・神戸の「みお」のお申し込みフォームへ まずは、大阪・京都・神戸の「みお」にお電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

弁護士や法律事務所をもっと身近に感じていただくために、
そして、法律についてもっと興味・関心を持っていただくために、
私たち「みお」の弁護士は積極的な情報発信を行っています。
著書の執筆や情報誌の制作、テレビ・ラジオなどへの出演、
Webサイトの運営などを通じて、さまざまな情報をご提供していますので、
日々の暮らしやビジネスにお役立てください。

弁護士の時事解説

法改正情報、注目のニュースやキーワードなど、法律にまつわるタイムリーな話題をピックアップ。みおの弁護士がわかりやすく解説します。気になることがあるときはもちろん、トラブル回避のためにも、ぜひご利用ください。

日本酒のブランド化 日本酒のブランド化戦略

年末・年始は日本酒を飲む機会も多かったのではないでしょうか。 日本酒のおいしさを改めて実感された方も少なくないと思います。 今回は、日本酒のラベル表示のルールや造り方のご紹介を通して、 日本酒のブランド化とそれに基づいたインバウンド構想についてお話しします。 >もっと読む

ハラスメント問題 「ハラスメント」に対する考え方

ここ数年、ハラスメント問題がマスコミやSNSで頻繁に取り上げられるようになってきました。セクシュアルハラスメントでは、2018年、海外映画界の大物プロデューサーからのセクハラ被害告発に端を発した「#MeToo」運動が世界的な広がりを見せ、国内でも、財務省次官が女性記者へのセクハラ発言により辞任に追い込まれた事件などがありました。 パワーハラスメントでは、日大アメフト部事件を始め、スポーツ界における問題の数々が表面化したのをご記憶の方も多いと思います。 このようなハラスメントは職場においても問題になることがあります。今年の年明け早々には、オリンピック・パラリンピック開閉式の演出担当メンバーが、パワハラ行為で勤務する会社から懲戒処分を受けていたことを理由に、辞任するという出来事がありました。セクハラやパワハラは基本的人権を侵害し、労働条件や職場環境を悪化させる重大な問題です。今回は、セクハラ、パワハラについて、【ハラスメントの問題点】【法律による規制の有無】【どんな行為がハラスメントに該当するのか】をお伝えして、使用者も労働者も気持ち良く働くことができる、ハラスメントのない職場環境の実現に役立てていただければと思います。 >もっと読む

著書・出版物

実際に寄せられるご相談の内容、日々の業務を通じて蓄積したノウハウなどをもとに、身近な法律問題を分かりやすく解説する書籍などを出版しています。

詳しくはこちら

メディア出演情報

テレビやラジオ、新聞や雑誌などのメディアへの出演・取材協力などを通じて、できるだけ多くの方に、法律に関する情報をお届けするよう努めています。

詳しくはこちら

みおの運営サイト一覧

困ったこと、分からないことがあるときは、インターネットが便利です。さまざまな法律問題に関するWebサイトを多数運営し、情報提供をしています。

詳しくはこちら

暮らしに役立つ 法律情報

「暮らしに役立つ法律情報」は、過去に配信していたメールマガジンの内容です。
最新の情報とは異なる場合があります。予めご了承ください。

働く女性にやさしい法律

ショッピングのトラブル

離婚にまつわる金銭問題

「かかりつけ弁護士」のススメ

「ゼロゼロ物件」に潜む落とし穴

間もなく2年目を迎える「裁判員制度」

英会話学校・エステ等の倒産・破産

会社都合での突然の解雇について


まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30