大阪・京都・神戸の「みお」のお申し込みフォームへ まずは、大阪・京都・神戸の「みお」にお電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

「みお」の情報発信

「みお」の情報発信

弁護士の時事解説

『少年法』の適用年齢引下げにSTOPを! 『少年法』の適用年齢引下げにSTOPを!

名前はよく知られているけれど、趣旨や内容を理解している方は少なく、かえって多くの方に誤解されている法律があります。 『少年法』です。>もっと読む

児童虐待と法律 児童虐待と法律

このところ、虐待が原因で子どもが命を落としたり、悲惨な怪我を負ったというニュースを多く見聞きするようになりました。本サイトの読者の中にも、心を痛めていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。中には「法制度はどうなっているのか」「児童相談所は何をしているのか」という感想をお持ちになった方もいらっしゃるかもしれません。 現在、私は、「児童虐待等危機介入援助チーム委員」との公職を拝命しており、大阪府下にある各児童相談所から、児童虐待に関する法律相談や裁判手続の依頼を受けることがあります。 今回は、このような立場から、ニュースの背景にある法律を少し解説してみたいと思います。 >もっと読む

知らないと怖い法律の話 保証人のお話

保証人にまつわるトラブルは、保証人になったことを忘れたころにやってきます。 お金を借りるとき、部屋を賃貸するとき、就職するとき、入学するときなどの場面で、「保証人を立ててください」といわれますが、保証人になるというのはどういうことかお話をしたいと思います。>もっと読む

日本酒のブランド化 日本酒のブランド化戦略

年末・年始は日本酒を飲む機会も多かったのではないでしょうか。 日本酒のおいしさを改めて実感された方も少なくないと思います。 今回は、日本酒のラベル表示のルールや造り方のご紹介を通して、 日本酒のブランド化とそれに基づいたインバウンド構想についてお話しします。 >もっと読む

ハラスメント問題 「ハラスメント」に対する考え方

ここ数年、ハラスメント問題がマスコミやSNSで頻繁に取り上げられるようになってきました。セクシュアルハラスメントでは、2018年、海外映画界の大物プロデューサーからのセクハラ被害告発に端を発した「#MeToo」運動が世界的な広がりを見せ、国内でも、財務省次官が女性記者へのセクハラ発言により辞任に追い込まれた事件などがありました。 パワーハラスメントでは、日大アメフト部事件を始め、スポーツ界における問題の数々が表面化したのをご記憶の方も多いと思います。 このようなハラスメントは職場においても問題になることがあります。今年の年明け早々には、オリンピック・パラリンピック開閉式の演出担当メンバーが、パワハラ行為で勤務する会社から懲戒処分を受けていたことを理由に、辞任するという出来事がありました。セクハラやパワハラは基本的人権を侵害し、労働条件や職場環境を悪化させる重大な問題です。今回は、セクハラ、パワハラについて、【ハラスメントの問題点】【法律による規制の有無】【どんな行為がハラスメントに該当するのか】をお伝えして、使用者も労働者も気持ち良く働くことができる、ハラスメントのない職場環境の実現に役立てていただければと思います。 >もっと読む

国民年金制度 『国民年金制度』について

みお綜合法律事務所には、弁護士の他にも様々な専門家が在籍し、弁護士と共にご依頼者様の抱えている問題の解決に向けたリーガルサポートをさせていただいています。そこで今回は、社会保険労務士の松山が、今年大きな話題になった『国民年金制度』について少しお話ししたいと思います。 >もっと読む

京都の自転車事情 自転車保険加入義務化について

京都、特に京都駅前事務所がある京都市内では、自転車が走っているのを頻繁に見かけます。その理由としてまずは、京都は大学や学生の数が多く、通学手段として自転車が利用されていることが挙げられます。私自身、学生時代には自転車が通学や日々の生活に無くてはならないものでしたし、数えられないくらいの自転車が置かれた大学の駐輪スペースの光景は、壮観とも言えるものでした。 もう一つの理由としては、土地が比較的平坦で自転車でも移動しやすい一方で、公共交通手段である地下鉄やバスでの移動が必ずしも便利とは限らないという面があろうかと思います。京都の場合、地下鉄は烏丸線(南北方向)と東西線(東西方向)の2つしかなく、目的地の最寄りに地下鉄の駅がないこともありますし、バスは路線によっては観光客などで常時混雑していることも多いためです。そのため、特に裁判所近くに事務所がある弁護士や事務員の中には、自転車を裁判所への移動手段として利用している方々もそれなりにおられます。>もっと読む

改正相続法の施行日が迫る! 新旧法律の適用関係にご注意

最近、週刊誌や経済誌に「相続」・「生前対策」といった特集が頻繁に組まれております。約40年ぶりに相続法が大改正されることもあり、世間の関心が高まっております。 このたび、改正相続法の施行日が明らかになりました。改正相続法を踏まえた対策を行う場合、「何を」「いつ」すればよいのか、ご参考にしていただければと思います。>もっと読む

まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30