まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

遺言・遺産相続

取扱分野

便利な書式集

取扱分野一覧へ

遺言書作成などの場面で役立つ書式を集めました。

このページには、ご自身(あるいはご家族)の遺言書作成や遺産相続への備えを万全にしていただくために、お手元にあると便利な各種書式や、知っておいていただきたい情報を集めています。ご自身の思いを残された親族に伝えていただくために、そして、家族・親族の間で悲しいトラブルを引き起こさないために、お役立ていただければ幸いです。

PDF「遺産相続案内帖」の全ページ(PDF形式)

「遺産相続案内帖」をパソコンの画面上でご覧になれます。必要なページをプリントアウトすることも可能です。

PDFこれだけあれば大丈夫!
「遺言書の文例×30」

さまざまなケースを想定した遺言書の文例を30パターン収録しています。ご自身の思いや状況に近い文例を参考にしながら、たしかな内容の遺言書を作成してください。

PDF遺言書作成(下書き用)フォーマット

まずは下書きをしながら、正しい書き方を覚えましょう。こちらはあくまでも下書き用のフォーマットです。こちらのフォーマットで作成された遺言書は、法的に無効になります。正式な遺言書を作成される際は、清書用フォーマットをお使いください。

PDF遺言書作成(清書用)フォーマット

こちらのフォーマットは、法律で認められるたしかな遺言書を作成される場合にお使いください。遺言書を作成される際は、すべての項目を自筆で記入することが大原則です。

PDF財産目録フォーマット

遺言書を作成される前に、ご自身のすべての財産を明らかにしておきましょう。プラスの財産だけでなく、マイナスの財産もすべて包み隠さず、漏れがないように記載するようにしましょう。

PDF成年後見診断書フォーマット(医師提出用)

被相続人の方に認知症の症状が認められる場合など、被相続人お一人では正常な判断ができない場合、被相続人の財産の維持・管理をはじめ、各種法律行為を行う代理人(成年後見人)が必要です。成年後見制度を利用する際には、診断医に成年後見診断書の記載を依頼することになります。その内容を確認しておきましょう。

PDF長谷川式簡易知能評価スケール

簡単な質問に答えることで、認知機能の衰えをチェックできるツールです。
※ご自宅でお使いになる場合は参考程度にお考えください

PDFN式老年者用精神状態尺度

認知症の有無や程度を日常行動の観察によって評価できるツールです。
※ご自宅でお使いになる場合は参考程度にお考えください

大阪・京都・神戸=「みお」は3拠点体制でサポート
遺産をのこす方も受け取る方も、お近くの「みお」にご相談ください。


お電話でのお問合せ 0120-7867-30

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 電話する