まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30 MENU
PAGE

交通事故

取扱分野

交通事故

取扱分野一覧へ

提示された賠償金は、「適正な金額」だと思いますか?

提示された賠償金は、
「適正な金額」だと思いますか?

「適正な賠償金」を得るために、
弁護士に交渉を任せましょう。

保険会社は自社の利益を追求する営利企業です。被害者との交渉役には、交通事故や保険の知識を持つ担当者や代理人弁護士を据えて、賠償金の支払い額を抑えようとします。だからこそ、法律と医学に関する豊富な知識と、多数の交渉・裁判の経験を持つ“被害者側専門”の弁護士に交渉を任せることが大切です。そうすることによって、被害者に本来支払われるべき「適正な賠償金」を得られる可能性が見えてきます。

設立時から“被害者側専門”を貫く
「みお」の交通事故弁護士チーム。

「みお」は平成14年の設立時から、被害者側専門で交通事故問題の解決に取り組んでいます。保険会社とのしがらみが一切ない「みお」の交通事故弁護士チームは、被害者側の視点で、被害者ご本人とご家族の味方として、保険会社との交渉や裁判に全力で臨みます。

弁護士に依頼すると賠償金がUPする!?吉山晋市弁護士へのインタビューMOVIE

交通事故問題に強い「みお」なら
保険会社からの賠償金は増やせるかもしれません。


賠償金や慰謝料を決める基準は
弁護士と保険会社で2倍以上の差に。

賠償金や慰謝料の金額を決める目安を「算定基準」といいます。保険会社は“必要最低限の補償”を目的とする「自賠責基準」と同等の「自社基準」で金額を算出し、被害者に提示するのが一般的です。一方の弁護士は「自賠責基準」の2倍以上となる、過去の裁判の結果をもとにした「裁判基準」で金額を算出し、保険会社との交渉や裁判を行います。このように、弁護士と保険会社では、交渉開始のスタートラインがそもそも違うのです。

弁護士は示談交渉も
「裁判基準」で行います。

弁護士に対応をご依頼いただくと、裁判をしない示談交渉においても、賠償金や慰謝料の算出は「裁判基準」で行います。

※下図は後遺障害等級14級での比較例

“弁護士費用の支払い”を考慮しても、
弁護士に任せるほうが「お得」で「安心」。

弁護士の役割は、保険会社よりも高い算定基準を目安に慰謝料や賠償金を算出し、交渉や裁判を行うことだけではありません。「警察の調書」「医師の診断書」といった多数の書類をくまなくチェックし、記載内容の間違いや手続きの不備などを正すことで、適正な賠償金の獲得を目指します。なお、最大18.1倍の増額実績がある「みお」では、保険会社から回収した金額から、弁護士費用を「後払い」でお支払いいただくので安心です。

  • 初回相談無料
  • 着手金0円
  • 弁護士費用は後払い

保険会社との示談交渉・裁判は
お任せください。

多数の解決実績・ノウハウ・
医学的知識が揃った
被害者専門「みお」の
交通事故弁護士チーム。

重度後遺障害や
死亡事故の解決力

判例研究 +
医学的知識の習得

専門誌に掲載される
解決実績とノウハウ

「みお」の弁護士による解決事例は
法律専門誌でも紹介されています。

画期的な判決を勝ち取った事例などが紹介される、代表的な法律専門誌「判例時報」や「自保ジャーナル」に、「みお」の弁護士による解決事例がたびたび取り上げられています。法曹界や専門家からも認められる、「みお」の強力な問題解決力にご期待ください。

判例時報

「判例時報」とは?

創刊から約60年の歴史を持つ、日本の代表的な法律専門誌です。注目すべき判決の全文と解説が掲載されています。弁護士、裁判官、検察官など、専門家の判例研究に不可欠です。

自保ジャーナル

「自保ジャーナル」とは?

交通事故問題や損害賠償問題に特化した法律専門誌です。交通事故問題に関わっている弁護士をはじめ、保険会社社員、裁判所・自治体職員などの多数の専門家が購読しています。

被害者ご本人やご家族の
不安解消のために、
無料相談などの
各種サービスをご利用ください。

「交通事故」に関して、
もっと情報を知りたい方へ

  • あなたの賠償金額は増える可能性があります!!
  • 交通事故問題解決レポート
  • 交通事故問題の解決実績
  • 交通事故問題・解決までの流れ


交通事故問題に関するご相談は、電話またはホームページからお申し込みください。交通事故

  • まずはお電話ご予約ください。初回予約専用ダイヤル(初回のみ受付)120-7867-30
  • ホームページからの相談予約。相談予約フォームへ。(365日24時間受付)
ページトップへ まずは、お電話でご予約ください。0120-7867-30
ページトップへ 相談する